ドイツで君と暮らせたら

ドイツに住んでみて感じること、毎日を楽しくするためのアイディア、ドイツでの暮らしが少しでも楽しくなればいいなと思って始めたブログです。

春ですね。ドイツはもうサマータイムです。

春ですね。ドイツは今週から夏時間になりました!サマータイムと言っても、夏時間(約7カ月)のほうが冬時間より長いんだけどね。

f:id:kimitokurasetara:20190401181026j:plain 

夏時間の切り替えはたいてい3月の週末の深夜に一時間早くします。これが結構しんどい・・・。

一時間早くするイコールいつもより一時間少ないということで、体内時計は狂うし、まるで日本帰国時の時差ボケのよう。体の調整に数日かかります。たった一時間とナメてはいけないです。

 

サマータイムについては、欧州でもいろいろメリットやら弊害やら議論されていますが、現在の研究ではあまりメリットはなく弊害の方が多いとのこと。皆さんもご存じかと思いますが、既に廃止が決まっています。たしか後1~2年かな。

私も、廃止は賛成です。それに日本のサマータイム導入絶対反対。

 

ドイツで、廃止後の時間を夏時間にあわせるか冬時間にあわせるかはまだ決まってないようです。夏時間の夜11時まで明るいのは魅力的だけど寝付けないし、長い冬の暗い朝を考えると冬時間にあわせるほうが現実的かな。

 

ちなみに毎年5月末の週末にDüsseldorfで日本デー(Japan Tag)というイベントがあり、そこで日本の花火大会があるんですが、暗くなるのが遅いので花火開始はいつも夜11時を過ぎてからスタート。日本では考えられないですよね。

 

まあそんなこんなのサマータイムですが、ドイツでも春先は寒暖の差が激しく温度調節が難しいんです。わが家族は毎年真冬は元気なのに3月頃に風邪をひいてしまいます。20度くらいまで上がったと思ったら、すごく寒くなったり。夜は結構冷えるし時々氷点下になることも。

 

それでも暖かい日には、庭で土いじりとか始められて楽しい。隣から芝刈り機の音が聞こえて来たり(気が早いなあ)、みんな春を待っていたんだな~と思ったり。

冬の間ウチに取り込んでいた鉢植えの植物を出すタイミングも難しい。早すぎて霜が降りる日とかがあれば植物にダメージを与えてしまう。とはいえ、暖かい日の日向はポカポカ陽気で暑いくらい。はやく植物を太陽にあててあげたい。

 

ドイツの長~~く暗い冬から一気に明るくなるこの時期は、気分も上がります。明るくなると、見えなかった家のホコリや汚れも目立つからか、ドイツの大掃除はこの季節にするんですよ。所変わればですよね。住まいと庭をキレイにして気分も明るくといったところでしょうか。

 

ハイキングや散歩の大好きなドイツ人は、森に行ったりサイクリングに行ったり。日本人的にはお花見をしたくなりますね~。お弁当を持って。 

それでは良い季節をお楽しみください!