ドイツで君と暮らせたら

ドイツに住んでみて感じること、毎日を楽しくするためのアイディア、ドイツでの暮らしが少しでも楽しくなればいいなと思って始めたブログです。

コーヒーを飲もう!

ドイツに来てから、コーヒーを飲む量が増えた。ドイツではコーヒーが美味しいのである。特に、朝起きて眠気覚ましの一杯目は格別だ。時には、飲み足りなく朝から二杯目を淹れることもある。

 f:id:kimitokurasetara:20190327002658j:plain

コーヒーは少し手間でも、豆から挽いて入れるようになった。特に品種にこだわっているわけでもなく、スーパーで売っている普通のコーヒー豆を使っている。プレゼントで貰ったお気に入りのコーヒーミル(電動式ではなく手挽きタイプのもの)で、その都度必要な量だけの豆を挽く。やはり挽きたては香りが格段に違う。そして、これまたお気に入りのマグカップにコーヒーをおとすのだが、私は、コーヒーマシンを使わずマグカップの上に直接フィルターを置いて、上から電気ケトルで沸かしたての熱湯を少量ずつ数回に分けて回し入れる。私にはその方が美味しいのだ。

 

どうして、ドイツではコーヒーが美味しいのであろう。思うに、ドイツの季候、湿度がコーヒーを飲むのに適しているのであろう。ドイツは冬は特に寒くて暗い。屋内で過ごすことも多くなりがちだ。あまり空気の入れ替えをしていない住居内では、目覚めがわるかったり、集中できずボーっとしたり、コーヒー(カフェイン)の力を借りたくなる状況が多いように思う。それでコーヒーを飲む量が増える。中毒性があるので、ますますコーヒーを飲むようになる。というサイクルができあがる。 

もちろん日本でもコーヒーは飲むし美味しい。インスタントや缶コーヒーを飲むこともあるし、今はコンビニで100円前後で普通にホットコーヒーが飲めたりする。

それでも、ドイツほどコーヒーの量は増えない。日本の暑さや湿度のせいもあろう。日本では日本茶が美味しいのも、日本の気候に合っているからであろう。

  

ドイツにはコーヒーに抜群に相性の良い甘いものがたくさんある。ケーキ・クッキー・チョコレート菓子など。ドイツ人はこれらに目がない。しかもかなり甘い。ドイツのケーキ類は、特に甘党ではない私には時には少し甘すぎて量が食べれない。少しのケーキでたくさんコーヒーが飲めるのだ。(まるでご飯の友ならぬコーヒーの友だ。)

しかし実際はそんなにたくさん飲めない。コーヒーを飲みすぎると胃が重くなるというか、しんどくなるのだ。コーヒーにビールをガブガブ飲むドイツ人の胃は頑丈に鍛えられている。

 

ドイツのカフェでコーヒーを注文したとき、またドイツ人宅でコーヒーをだして頂いた時、かなり濃い目のコーヒーがでてくる。私は薄すぎす濃すぎすが好みなので、濃すぎて飲むのがキツイこともあるが、あの甘いドイツのケーキにはこれくらいの濃さが合うのだろうなと納得はさせられるのだ。

 

そんなこんなで、ドイツではコーヒーを楽しめる抜群の環境であると思う。いつもより少し時間をかけて、こだわりのコーヒーを淹れてみてはいかがでしょうか。